美肌を手に入れたいなら美容外科へ行こう!

医者

コンプレックスを除去

医者

様々な除去方法

ほくろ除去には様々な方法があります。あまり知られていませんが市販のほくろ除去専用商品や民間療法などを使って、セルフケアで除去することもできます。セルフケアにむいているのは小さいほくろの場合で、大きいほくろや膨らみのあるほくろをセルフケアで除去することは困難です。また徐々に大きくなってきたり、色が変化してきたほくろはメラノーマなどの悪性腫瘍の可能性もあります。痛みやかゆみなどの異変を感じたら速やかに医療機関を受診しましょう。大きいほくろや膨らみのあるほくろは美容皮膚科などのクリニックで除去することができます。ほくろ除去には色々な治療方法があり、ほくろの大きさや膨らみ、種類によって適している方法が異なります。

アフターケアも大切

皮膚科でもほくろ除去ができます。ほくろの状態によっては健康保険が適用されることもあります。ほくろに関して悪性腫瘍の不安がある場合はまず皮膚科を受診してみるのが良いでしょう。ほくろ除去にはレーザー治療、切除縫合法、くりぬき法、凍結療法など様々な方法が用いられます。それぞれにメリットとデメリットがあり、ほくろの状態によって適している治療法も違ってきます。また1回の治療で終わる場合もあれば、数回の治療を要する場合もあります。また大抵の場合、治療後の傷跡が数週間から数か月残りますので、アフターケアにも定評があるクリニックを選ぶことが大切です。実際にほくろ除去をする前には、治療方法や治療回数、アフターケアや治療費に関することなど、不安に思う事はカウンセリングで解消しておきましょう。